ゲスト 様
TOP > 医療制度・経営
「病院機能評価」を活用するために(3)
 業務における指示出し・指示受けと実施に対しては、その仕組みが確立し、原則として全病棟同じ仕組みであることが求められています。指示は、医師が指示簿に記載し、署名していなければならず、看護師が代理で記載(指示簿・処方箋)していないことが必要です。
 また、指示を確認した看護師が署名していること、転記によるミスを防止するために、医師の直筆で実施する仕組みが求められています。業務上、転記せざるを得ない場合には、それを医師が確認するなど安全上の仕組みが構築されてるか、口頭指示や臨時の指示などについては手順が定められ、遵守されているかも、評価のポイントとなります。
 医師が出した指示が実施されたかどうかを、医師自身が確認できる仕組みについても、重要なポイント。特に、患者にとって重大な結果をもたらす可能性がある指示は、指示実施後の容態の変化を確認するために観察し、結果を記録するなど、確認する責任が伴います。そのためには、指示が実施された後の患者の状態を観察した結果などが記載されていることが必要です。
投稿日時:2013-07-17 11:36:19